ニセコの山には、滑るのに絶好な条件が揃っています。圧倒的な質と量を誇る雪、そして、地形変化に富んだ斜面。標高1,308mmのニセコアンヌプリを中心に、幾つものスキー場が集まり広大なスキーエリアを形成しています。奇麗に圧雪されたゲレンデ、自然の地形を活かしたパウダーコース、長い滑走距離、滑りごたえのある広大なスキー場は、それだけでも魅力に溢れています。その周囲には、さらに広大な自然の雪山が連なります。大自然の中でのダイナミックなスキー・スノーボードが楽しめます。スキー場もスキー場以外の山も地形が素晴らしく美しいダケカンバ林間が多いのが特徴です。長い期間滑ることが出来るのもこの地の特徴で、11月の終盤から5月の初旬まで5ヶ月以上もの間スキー場で天然雪が滑れるのです。安心して楽しめるゲレンデから本格的なバックカントリーまで、ニセコの山は、訪れた方皆に、雪山の素晴らしさを体験させてくれます。今や、パウダースノーという言葉がニセコの代名詞ともなり、1月、2月ばかり注目されますが、シーズン初めの12月や、3月、4月の春スキーもパウダースノーにも勝る魅力をもっています。スキー、スノーボード、テレマーク、ゲレンデ、パウダー、バックカントリー。ニセコ(雪山)の楽しみ方は一つではありません。遊び方なら私達(NWGAのガイド・インストラクター)にお任せ下さい!私達は、ニセコ(雪山)を楽しむ達人です。まだ皆様の知らないニセコ(雪山)遊び方を私達と一緒に楽しみましょう!